映画・TV新着情報

2 / 1612345...10...最後 »

今年のNHK広島8.6ドラマは小芝風花『ふたりのキャンバス』

 NHK広島放送局が制作する今年の“8.6ドラマふたりのキャンバスのロケがさきごろ広島市内で繰り広げられた。物語は、広島市立基町高校美術部が10年前から取り組んでいる「原爆の絵」活動を題材に、重い口を開いた被爆者と、想像を絶する惨状に向き合い絵筆をとろうとする女子高校生を描くもの。
 主演はNHK連続テレビ小説『あさが来た』で主人公の長女を演じて注目され、実写版『魔女の宅急便』に主演するなど目覚ましい活躍をみせている小芝風花。そして被爆証言者にはベテラン近藤正臣、同級生役に昨年の広島発“地域ドラマ”『舞え!KAGURA姫』にも出演した中村ゆりかふたり基高ロケ会見S2
 ロケは5月13日から10日間にわたり基町高校とその周辺を中心に市内各所で行われ、基町高校の教師や生徒も多数、エキストラとして協力した(写真下)。制服を着て“基高生”になりきった小芝(写真上)はヒロシマについて、「教科書に載ってることは習ったけど、遠すぎて実感がわかなくて…本当に日本でそんなことが起きたの!?と思ったほど。でも被爆証言者の方たちのお話を聞いてすごく重くて貴重な経験をさせていただき、その時に感じたものをそのままに等身大の女子高生を演じて、若い人たちに“継承”していければ…」と話す。
 一方の近藤は「この学校で2年生、3年生になる子は毎年うまれます。でも、被爆者は毎年、亡くなっていく…。そんな中で10年前からこの活動をしているのは大したもんです。でも、あと何年できるんだろう…。後期高齢者になった私はこういうテーマで演じさせてもらうのはラストチャンス。このドラマも、そういうものの一つだと思っています」と語った。詳細は本誌8月号で特集。
 このドラマは総合テレビで、8月1日(火)19時30分から中国地方向けに放送、さらに8月5日(土)15時05分からは全国に向けて放送される。
 またドラマの撮影現場を紹介しながら、基町高校の生徒と被爆者との被爆体験継承活動をカメラで追ったドキュメンタリー高校生が描く原爆の絵”〜ヒロシマ8.6ドラマふたりのキャンバスの舞台裏
7月14日(金)19時30分から総合テレビで中国地方向けに放送する。

仏女優E・リバ追悼で八丁座が『ヒロシマ・モナムール』特別上映

 癌治療中だったフランスの女優エマニュエル・リバが1月27日に亡くなった。享年89歳。被爆の荒廃から復興をはじめた広島で長期ロケした名作ヒロシマ・モナムール二十四時間の情事(1959年=仏日合作/第12回カンヌ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞受賞/アラン・レネ監督/共演=岡田英次)の撮影中、愛用のカメラで“ヒロシマの子供たち”などを生き生きと写しとった。その縁で2008年に半世紀ぶりに広島を訪れ、かつての“子供たち”とも交流したことでも知られる。二十四時間の情事S
 ヒロシマと世界をつないだ名女優の逝去を悼んで「八丁座」では急きょ
2月25日(土)から3月3日(金)までの1週間限定で『ヒロシマ・モナムール/二十四時間の情事』を追悼上映する。
 上映時間、入場料金など詳細は同劇場へ。℡082・5461158

NHK広島の“8・6ドラマ”今年は「ふろたき大将」望郷編

 NHK広島放送局では、“ヒロシマ8・6ドラマ”ふろたき大将 故郷に帰る(脚本・演出=大橋守)を
7月1日(金)20時から総合テレビで放送する。

 名優・石橋蓮司(昭和16年8月9日生まれ)は昭和29年、東映児童映画の第1作『ふろたき大将』(関川秀雄監督)の主演で役者デビューした。原爆孤児の宮田徳三少年が似島学園の園長に救われ、放浪するうち身につけた焚き火の腕をかわれ学園の風呂係“ふろたき大将”に任命される…という物語。ふろたき大将ロケ015
 このドラマはそれから60年余、今では広島市内で銭湯のボイラー係をしている徳三(石橋)は、オレオレ詐欺の電話をかけてきた若者・透(葉山奨之)に対して「芝居が下手だ」と一喝。そのため詐欺集団から放り出された透は金の工面に困り、準備していた演劇公演が流れる羽目に。その頃、徳三老人はキャバクラ嬢の玲奈(池田エライザ)と親しくなり、彼女も似島学園出身と聞いて意気投合。実は徳三、複雑な思いがあって長年、似島学園に背を向けていたが…。酔いつぶれた徳三を介抱し自宅まで送り届けた玲奈は恋人に応援を要請。その恋人とは透だった—。
 徳三の半生と自らの役者人生とを重ねることになった石橋は、感慨深い面持ちで60余年ぶりに似島の地を踏み、往時を思い出しながらリアルで感動的な演技をみせている。

7月1日の放送(中国地方向け)が好評だったことを受け、改めて全国放送することが決まった。
 8月4日(木)14時05分からの総合テレビスタジオパークからこんにちは内で、ドラマ制作の裏側を紹介した後、このドラマを放送する。

7月8日にHOME製作の映画「ファーストアルバム」上映イベント

 広島ホームテレビと広島観光コンベンションビューローが吉本興業の協力を得て共同製作した地域発信型映画ファーストアルバムが完成、その上映会を7月8日(金)19時から西区横川新町の広島市西区民文化センターのスタジオで開催する。映画ファーストアルバム
 この映画は横川界隈を中心にオール広島ロケで製作したもので、今年4月に開催された「島ぜんぶでおーきな祭!第8 回沖縄国際映画祭」の地域発信型映画部門に出品し、今回が地元での凱旋上映となる。
 イベントには主演の石野理子(アイドルネッサンス)、役者として熱演をみせているシソンヌの2人も登場、舞台挨拶のほかに、シソンヌによるコントステージなども予定している。

 入場料金は1,500円(税込み/全席自由席)で、ローソンチケット(L コード:63131)、チケットぴあ(P コード:555-699)で発売中。
※問い合わせ/HOMEイベントセンター=℡082221-7116

TSSが恒例の特番「ニッポンを釣りたい!」全国放送

 テレビ新広島ではシリーズ第22弾ニッポンを釣りたい!6月26日(日)16時05分から17時20分まで全国28局ネットで放送する。今回は「釣りでニッポンを元気に!」をテーマに、長崎・壱岐島東京・
伊豆諸島
三重・伊勢志摩で「人を笑顔にできる釣り」に挑む!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 まず壱岐島を訪れたお笑いコンビ“平成ノブシコブシ
吉村崇徳井健太、タレントおのののか(写真左上)は釣り師と海女の夫婦に密着し、秘境の島おこしを応援!。伝統の「レオタード海女漁」でウニ捕りをするほか、名物ケンサキイカ、高級魚キジハタなどを狙い、24時間以内に最高の料理を作るミッションに挑む。

 伊豆諸島に行ったのは“芸能界のアニキ”哀川翔(左下)
と“柔道界のアニキ”篠原信一
(右下)。2人は通称“ドラム缶”という幻の巨大魚を釣り上げ、その魚拓で大応援旗を作ってリオ五輪に出場する日本選手団を応援しようという壮大なプランを立てたのだが…。その頃、サミット開催で話題になった伊勢志摩に現れたのは子役の鈴木福
くんと谷花音ちゃん、そしてお父さん代わりの三重県出身チャンカワイの3人(右上)。真珠ができる様子を水中カメラで見学した後、3人は船に乗り込んでリアス式海岸が続く伊勢の海に!。ターゲットは魚の王様マダイ、それも50㎝級の良型を狙う…。

「64 後編」公開に合わせ瀬々敬久監督と佐藤浩市が舞台挨拶

64舞台挨拶75S わずか7日間で終わった“昭和64年”に起こった少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」—。未解決のまま14年の歳月が流れ、時効まであと1年となった時、被害者の家族や捜査陣、警察機構のさまざまな立場でもがく警察官や記者クラブに詰める新聞記者たちの葛藤と、新たに起こった“模倣誘拐事件”? を描いた横山秀夫のベストセラー小説を映画化した64–ロクヨン』の前編が大ヒット。その後編(上映中)の公開を前に、瀬々敬久監督と主演の佐藤浩市が「広島バルト11」での試写会で舞台挨拶に立った。
 かつては捜査員として、今は広報官として事件と向き合う三上義信は警察組織の複雑な人間関係に翻弄され、同時に情報公開をめぐって記者たちと対峙する。その難役に全身全霊をかけて取り組んだ佐藤は「ベテラン、中堅、若手それぞれが緊張感をもって役づくりにあたり瀬々監督の下に結束して演じましたけど…。メンタル的にもセリフでもさまざまなバトルを展開する日々だったので、ほんとヘトヘト!。だけど僕は(主演だから)背中を見せて斬られるわけにいかないので、矢尽き刀折れても彼らと正面から向き合う撮影だった。お芝居とは分かっていても(全場面で)エネルギーを放出しないと役は成立しないので…」と吐露した。
 後編では原作とは違う結末を用意した瀬々監督は「横山さんと“対決”がありまして…冗談ですが、何度もやりとりし、脚本を22回も改稿して作り上げました。後編は前編よりもギアをシフトアップしているので、ラストでは何か光みたいなものを持って帰ってもらえると思います」と語った。

ロザン宇治原が広島を“えぐる”HOME新番組『フロントドア』に

 HOMEでは春の番組改編で土曜日が大変身!。まず8年目の人気番組あっぱれ!熟年ファイターズ
(9時30分)が生放送になり、カープ関連や季節の話題などの情報を充実させるほか、カープOBをゲストに迎えたり熟年の勤勉意欲をそそる「あっぱれ塾」を新設するなど大胆リニューアル。
 続いて10時30分からは広島の流行を発信するココ!ブランニューが4月9日にスタート。中島尚樹
渡辺美佳アナが担当。
 そして“目玉”のひろしま深掘りライブ〜フロントドア(13時)が4月23日にスタート。黒田博樹投手の内角をえぐる魔球“フロントドア”のように、広島の1週間のニュースやスポーツ、情報をえぐる番組だ。出演はインテリ芸人、カープ芸人としても知られるロザン宇治原史規と、今回は突っ込み役にまわる?相方の菅広文、そして大重麻衣串山真理の両アナも参戦。フロントドア4S

 宇治原は「幼稚園から広島で過ごしていたので、帰ってこられて嬉しい。住んでいた時と今、変わっている部分と変わっていない部分を自分で確かめながらお伝えしていけたら…」と意気込む。一方の菅は「僕だけ広島に関わりがないからこそ客観的に“広島”を俯瞰することで番組に貢献できるんじゃないかと思ってます」と。
 番組は「深掘りニュース」「深掘りスポーツ」「深掘りトレンド」を三本柱に1時間、生放送。
この番組のスタートを記念して同局の『勝ちグセ。』とのコラボでカープ応援企画「2,000名応援団を実施する。5月17日(火)カープ対ヤクルト戦内野2階自由席ペア1,000組 2,000名を招待するもの。応募は同番組のホームページhttp://home-tv.co.jp/frontdoorから。締め切りは5月8日(日)で、当選者にはハガキで連絡。

HOME「鯉のはなシアター」で日南キャンプ誕生秘話

 広島ホームテレビの人気番組鯉のはなシアター水曜/24時15分)の1月20日放送分は、日南の風を変えた人情男・勇ちゃん編。
 今から50年余り前の1962年、一人の男が宮崎県日南市でタクシー会社を営む外山勇次さんを訪ねた。男は広島カープのマネージャー竹内鉄男—。彼は、冬も温暖で雨もほとんど降らない日南の気候がキャンプ地として最適と考え、外山さんに協力を依頼した。しかし野球は門外漢だからと外山さんは当初、断り続けたという。それでも諦めず通い詰めた竹内の熱意に打たれたのか、人情に厚い外山さんはカープのため各方面
鯉ばな/谷優里に働きかけてくれた。まだまだ弱小の貧乏球団だったカープに金銭的な余裕はなく、キャンプの実現には多くの困難があった。が、外山さんの尽力で協力態勢が少しずつ整っていった…。
 今シーズンのキャンプインを前に、半世紀前の心温まる秘話を紹介する。ゲストは広島出身の谷優里AKB48チーム8=写真

 また開局45周年を記念し、1月25日(月)にはゴールデンタイムの19時から1時間にわたって特別番組
カープ選手と家族の絆スペシャルを放送する。テーマは“家族”—。背番号14を継ぐ次代のエース大瀬良大地投手と両親との秘話をはじめ、黄金の左腕・大野豊を女手ひとつで育てた母親の愛情、ミスター赤ヘル山本浩二と鉄人・衣笠祥雄との家族同様の絆を、貴重な映像と本人へのインタビューを中心に紹介する。
 ゲストは俳優の谷原章介と、カープ・緒方孝市監督の妻でタレントの緒方かな子

TSSが40周年特番「復活!ニッポン遺産」全国放送

ニッポン遺産 テレビ新広島では、開局40周年記念プロジェクトの締めくくりともいえる特別番組世界へ羽ばたけ!復活!ニッポン遺産を、1月24日(日)16時5分〜17時20分に全国28局ネットで放送する。日本に古くから伝わる技術が時代の最先端をいくものとして生まれ変わった実例を探る内容。
 20年前、日本に留学したアメリカの高校生が、ホームステイ先で折り紙を教わり、やがてNASAの技術者となった彼は、“折り紙エンジニア”と自称してソーラーパネルや新開発のスターシェイドを生み出した。
 かつてタンザニアに派遣された住友化学の技術者は、蚊帳の繊維に殺虫剤を塗り込むマラリア対策ネットを20年にわたって研究し、会社から見放されながらも独自に働きかけ続けた結果、WHOやユニセフから大量注文を受けるまでになり、多くの子供の命を救った。
 このほか、木造の和船を作る船大工が生み出した驚異的な“乗りもの”や、甲冑の技術が生かされた最新のオシャレなものを紹介する。
 MCは千原ジュニア高島彩。スタジオのパネラーは高田延彦柴田理恵尾木直樹、リポーターは“ロンブー”田村亮春香クリスティーン

NHK広島が大崎上島の“ブランド力”を探る

 NHK広島放送局では“ブランド力”不足に悩む中国地方の市町村を全力で応援する異色ドキュメンタリー・バラエティー勝手にブランド発見伝の第3弾を1月29日(金)19時30分から放送する。今回の舞台は、山田洋次監督の感動作『東京家族』のロケ地となった大崎上島(写真上)ブランド発見伝/大崎上島
 島に渡る交通手段はフェリーしかないという不便さもあって、この島は嫁不足のうえに今後、若い女性が流出するのではと心配されている。今回、島に女性を呼び込むような新ブランドを発掘しようと送り込まれたのは2人の凄腕調査員。「カワイイ」を科学する“感性工学”の権威と、世界65カ国を巡って美男を発掘してきた“イケメンハンター”が島を駆け回り、「カワイイ!?」や「男前」をキーワードに、島に埋もれた魅力を掘り起こす。
 番組MCはマキタスポーツ、上原光紀アナ。

2 / 1612345...10...最後 »