映画・TV新着情報

3 / 1812345...10...最後 »

『この世界の片隅に』サロンシネマ・八丁座でロングラン1年超

この世界の片隅にP S 昨年の11月12日に公開されるや話題を呼び、キネマ旬報ベスト1に選出されたのを機に各地で大ヒットを記録したうえ、“聖地巡礼”で舞台となった呉・広島を訪れる観光客が今なお絶えないほどの人気を集めているアニメこの世界の片隅に(片渕須直監督/声=のん)。現在、全国で唯一、継続上映している「序破急」(サロンシネマ八丁座)のロングランが1年を超えるまでになり、動員総数も4万人に迫る勢いと同劇場の記録を更新している。
 そこで公開1周年を記念して片渕須直監督舞台挨拶のため来広することになった。11月24日(金)に八丁座で、16時40分の回の上映前(15分程度の予定)。ちなみに、片渕監督の舞台挨拶は「序破急」では通算7回目となる。
 また、11月9日(木)〜21日(火)には八丁座の入る「福屋八丁堀本店」の8階催事場でこうの史代原画展を開催している。
八丁座=℡0825461158

初めて惨状を描いた秀作「ひろしま」がデジタル・リマスターで蘇った!

 戦後、GHQの統治で日本の映画界はチャンバラなどが禁止され、特に原爆の被害に関するものは厳しく検閲されていた。が、サンフランシスコ講和条約により晴れて“独立国”となったのを機に新藤兼人監督の『原爆の子』が公開され、次いで関川秀雄監督ひろしまで初めて被爆直後の惨状を生々しく描くことに挑んだ。当時、広島ロケでは延べ9万人にも及ぶ市民が手弁当で協力し、“生き地獄”を記録映像のように再現してセンセーションを巻き起こした。ひろしまdrmTS
 その秀作が独立プロ名画保存会の手でデジタル・リマスター版で蘇り今夏公開されて反響を呼び、要望に応えてアンコール上映されている(11月10日まで八丁座で)。ちなみに、昭和28年10月7日に初公開されたのは、当時の「福屋名画劇場」、現在の「八丁座」である。広島出身の月丘夢路がノーギャラで出演したが、その月丘が今年5月に亡くなったことから追悼企画として「八丁座」で上映したところ、今日にも通じる“ヒロシマの反戦・反核の声”を再認識するとして幅広い年齢層から絶賛の声が寄せられた。
 ことに、教師(岡田英次)と生徒たちとのディスカッションや、子供たちを探して焼け野原や救護所を彷徨する父親(加藤嘉)、死んだ子を抱き続ける母親(山田五十鈴)、そして多くの被爆者や原爆孤児たちの生き様を見るにつけ、非人道的な殺戮兵器である「核」を持つ国の指導者や政治家に是非とも見てもらいたい―と声を上げたくなる。
 なお、上映は連日10時30分から。入場料金は1,000円均一

今年のHOME「ぽるフェス」は「パーティーに行こう♪」

 広島ホームテレビの秋恒例イベントぽるフェス10月28日(土)、29日(日)の両日10時〜18時
(29日は17時まで)、中区の基町クレド・パセーラをメイン会場に開かれる。今年のテーマはハロウィンを前に「“HOME”パーティーに行こう♪」ぽるフェス2017

 同局の人気番組フロントドアの公開生放送をはじめ
あっぱれ!熟年ファイターズの出演者トークショーや
鯉のはなシアター』『カープ道』『恋とか愛とか()
の公開収録のほか、Jステーションのキャスター体験ができるコーナー、毎年好評の女子アナ・カフェなど番組関連イベントが盛りだくさん。

 またファミリー向けに、恐竜ワールドをリアル体感できるジュラシックVRや、ちびっ子に人気のぽるぽるダンスケロポンズたちと踊ったりハロウィン仮装コンテストを行うコーナー、各番組とコラボしたしあわせベーカリーマルシェなどなども。
 ゲスト陣も豪華で、全編広島ロケの映画こいのわ婚活クルージング(11月11日=広島先行公開)に主演した風間杜夫片瀬那奈の2人がスペシャル・トークのステージに立つほか、ロザン、シソンヌ、ラフレクラン、ザ・ニュースペーパーなどの楽しいステージも。
 いずれも入場無料。イベントスケジュールなど詳細は同局ホームページ、または会場で配布されるリーフレットで。

今年の「ひろしまフードフェスティバル」でRCC“カープ王”決定戦

 中国放送では10月28日(土)、29日(日)に広島城と中央公園などで開かれる“味覚の秋”恒例イベント
ひろしまフードフェスティバルで、テレビ番組『安仁屋倶楽部』関連イベントとして注目されていた
Veryカープ!王決定戦のファイナルステージを実施する。

 この“カープ王”には13歳から72歳までの熱烈なカープファンが9月10日、広島と福山の会場に集結し、カープの草創期から今シーズンまでに関するクイズ100問にチャレンジしたが、その世代別の成績上位者が10月28日14時から広島城ステージで実施される決定戦に。もちろん、安仁屋宗八とアンガールズも登場する。また、当日の様子は12月にスペシャル番組として放送する予定。
 ちなみに恒例の「ひろしまフードフェスティバル」には今年も県内23市町の名産品をはじめ九州など各地の旨いものが大集合する。10時〜17時(28日は広島城広場のみ夜神楽上演のため20時まで)。詳細は同局ホームページ、または会場で配布されるリーフレットで。

『この世界の片隅に』の片渕須直監督を招き八丁座でイベント

 全国屈指の超ロングランが続き、8月5日には39週目に入る「八丁座」(広島市中区胡町)での
この世界の片隅に』。その片渕須直監督を招いての「平和祈念トークイベント」が下記のように
開かれることが決まった。この世界の片隅にS

片渕須直監督トークイベント
日時:8月5日(土)18時30分から約50分間
会場:福屋八丁堀本店9階「八丁堀SORALA

入場無料=立ち見を含め約300人収容
当日、八丁座での『この世界の片隅に』16時の回の鑑賞者を優先

片渕須直監督特集〜フィルムマラソンNo.585
日時:8月5日(土)21時30分から
会場:八丁座/入場料金:3,500円
☆上映作品
マイマイ新子と千年の魔法マイマイ新子S
アリーテ姫
この世界の片隅に
MEMORIES(※うち「大砲の街」の演出・技術設計担当)

片渕須直監督舞台挨拶
日時:8月6日(日)13時15分からの
『この世界の片隅に』上映終了後
会場:八丁座

※いずれも問い合わせは八丁座=℡0825461158

今年のNHK広島8.6ドラマは小芝風花『ふたりのキャンバス』

 NHK広島放送局が制作する今年の“8.6ドラマふたりのキャンバスのロケがさきごろ広島市内で繰り広げられた。物語は、広島市立基町高校美術部が10年前から取り組んでいる「原爆の絵」活動を題材に、重い口を開いた被爆者と、想像を絶する惨状に向き合い絵筆をとろうとする女子高校生を描くもの。
 主演はNHK連続テレビ小説『あさが来た』で主人公の長女を演じて注目され、実写版『魔女の宅急便』に主演するなど目覚ましい活躍をみせている小芝風花。そして被爆証言者にはベテラン近藤正臣、同級生役に昨年の広島発“地域ドラマ”『舞え!KAGURA姫』にも出演した中村ゆりかふたり基高ロケ会見S2
 ロケは5月13日から10日間にわたり基町高校とその周辺を中心に市内各所で行われ、基町高校の教師や生徒も多数、エキストラとして協力した(写真下)。制服を着て“基高生”になりきった小芝(写真上)はヒロシマについて、「教科書に載ってることは習ったけど、遠すぎて実感がわかなくて…本当に日本でそんなことが起きたの!?と思ったほど。でも被爆証言者の方たちのお話を聞いてすごく重くて貴重な経験をさせていただき、その時に感じたものをそのままに等身大の女子高生を演じて、若い人たちに“継承”していければ…」と話す。
 一方の近藤は「この学校で2年生、3年生になる子は毎年うまれます。でも、被爆者は毎年、亡くなっていく…。そんな中で10年前からこの活動をしているのは大したもんです。でも、あと何年できるんだろう…。後期高齢者になった私はこういうテーマで演じさせてもらうのはラストチャンス。このドラマも、そういうものの一つだと思っています」と語った。詳細は本誌8月号で特集。
 このドラマは総合テレビで、8月1日(火)19時30分から中国地方向けに放送、さらに8月5日(土)15時05分からは全国に向けて放送される。
 またドラマの撮影現場を紹介しながら、基町高校の生徒と被爆者との被爆体験継承活動をカメラで追ったドキュメンタリー高校生が描く原爆の絵”〜ヒロシマ8.6ドラマふたりのキャンバスの舞台裏
7月14日(金)19時30分から総合テレビで中国地方向けに放送する。

仏女優E・リバ追悼で八丁座が『ヒロシマ・モナムール』特別上映

 癌治療中だったフランスの女優エマニュエル・リバが1月27日に亡くなった。享年89歳。被爆の荒廃から復興をはじめた広島で長期ロケした名作ヒロシマ・モナムール二十四時間の情事(1959年=仏日合作/第12回カンヌ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞受賞/アラン・レネ監督/共演=岡田英次)の撮影中、愛用のカメラで“ヒロシマの子供たち”などを生き生きと写しとった。その縁で2008年に半世紀ぶりに広島を訪れ、かつての“子供たち”とも交流したことでも知られる。二十四時間の情事S
 ヒロシマと世界をつないだ名女優の逝去を悼んで「八丁座」では急きょ
2月25日(土)から3月3日(金)までの1週間限定で『ヒロシマ・モナムール/二十四時間の情事』を追悼上映する。
 上映時間、入場料金など詳細は同劇場へ。℡082・5461158

NHK広島の“8・6ドラマ”今年は「ふろたき大将」望郷編

 NHK広島放送局では、“ヒロシマ8・6ドラマ”ふろたき大将 故郷に帰る(脚本・演出=大橋守)を
7月1日(金)20時から総合テレビで放送する。

 名優・石橋蓮司(昭和16年8月9日生まれ)は昭和29年、東映児童映画の第1作『ふろたき大将』(関川秀雄監督)の主演で役者デビューした。原爆孤児の宮田徳三少年が似島学園の園長に救われ、放浪するうち身につけた焚き火の腕をかわれ学園の風呂係“ふろたき大将”に任命される…という物語。ふろたき大将ロケ015
 このドラマはそれから60年余、今では広島市内で銭湯のボイラー係をしている徳三(石橋)は、オレオレ詐欺の電話をかけてきた若者・透(葉山奨之)に対して「芝居が下手だ」と一喝。そのため詐欺集団から放り出された透は金の工面に困り、準備していた演劇公演が流れる羽目に。その頃、徳三老人はキャバクラ嬢の玲奈(池田エライザ)と親しくなり、彼女も似島学園出身と聞いて意気投合。実は徳三、複雑な思いがあって長年、似島学園に背を向けていたが…。酔いつぶれた徳三を介抱し自宅まで送り届けた玲奈は恋人に応援を要請。その恋人とは透だった—。
 徳三の半生と自らの役者人生とを重ねることになった石橋は、感慨深い面持ちで60余年ぶりに似島の地を踏み、往時を思い出しながらリアルで感動的な演技をみせている。

7月1日の放送(中国地方向け)が好評だったことを受け、改めて全国放送することが決まった。
 8月4日(木)14時05分からの総合テレビスタジオパークからこんにちは内で、ドラマ制作の裏側を紹介した後、このドラマを放送する。

7月8日にHOME製作の映画「ファーストアルバム」上映イベント

 広島ホームテレビと広島観光コンベンションビューローが吉本興業の協力を得て共同製作した地域発信型映画ファーストアルバムが完成、その上映会を7月8日(金)19時から西区横川新町の広島市西区民文化センターのスタジオで開催する。映画ファーストアルバム
 この映画は横川界隈を中心にオール広島ロケで製作したもので、今年4月に開催された「島ぜんぶでおーきな祭!第8 回沖縄国際映画祭」の地域発信型映画部門に出品し、今回が地元での凱旋上映となる。
 イベントには主演の石野理子(アイドルネッサンス)、役者として熱演をみせているシソンヌの2人も登場、舞台挨拶のほかに、シソンヌによるコントステージなども予定している。

 入場料金は1,500円(税込み/全席自由席)で、ローソンチケット(L コード:63131)、チケットぴあ(P コード:555-699)で発売中。
※問い合わせ/HOMEイベントセンター=℡082221-7116

TSSが恒例の特番「ニッポンを釣りたい!」全国放送

 テレビ新広島ではシリーズ第22弾ニッポンを釣りたい!6月26日(日)16時05分から17時20分まで全国28局ネットで放送する。今回は「釣りでニッポンを元気に!」をテーマに、長崎・壱岐島東京・
伊豆諸島
三重・伊勢志摩で「人を笑顔にできる釣り」に挑む!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 まず壱岐島を訪れたお笑いコンビ“平成ノブシコブシ
吉村崇徳井健太、タレントおのののか(写真左上)は釣り師と海女の夫婦に密着し、秘境の島おこしを応援!。伝統の「レオタード海女漁」でウニ捕りをするほか、名物ケンサキイカ、高級魚キジハタなどを狙い、24時間以内に最高の料理を作るミッションに挑む。

 伊豆諸島に行ったのは“芸能界のアニキ”哀川翔(左下)
と“柔道界のアニキ”篠原信一
(右下)。2人は通称“ドラム缶”という幻の巨大魚を釣り上げ、その魚拓で大応援旗を作ってリオ五輪に出場する日本選手団を応援しようという壮大なプランを立てたのだが…。その頃、サミット開催で話題になった伊勢志摩に現れたのは子役の鈴木福
くんと谷花音ちゃん、そしてお父さん代わりの三重県出身チャンカワイの3人(右上)。真珠ができる様子を水中カメラで見学した後、3人は船に乗り込んでリアス式海岸が続く伊勢の海に!。ターゲットは魚の王様マダイ、それも50㎝級の良型を狙う…。

3 / 1812345...10...最後 »