シネマッド2021年8月号
14/24

12◆またも豪雨にまとわりつかれ各地で被害が出ました。中でも気になったのが、田畑の様子を見に行って行方不明になった方のニュース。台風の時にも船が心配で港へ…というお年寄りがいらっしゃいます。◆報道でたびたび「川や海岸、港は危険なので近づかないで」と警告されているにも関わらず同様の犠牲者が…。通報を受け捜索に出動する方たちも命がけです。つまり「自分は大丈夫」と考えての軽はずみな行動は周りに迷惑をかけることになるわけで、それを想像できるなら災害の最中には出掛けないこと!◆同じ構図なのが、コロナ禍の中で「無謀な飲食」をする人々。マイクを向けられても「自粛に疲れたから今夜だけはいいかなって」と平気の平左です。路上や公園にたむろして飲む若者も「店が閉まってるから仕方なくここで」と。そんなに飲みたいなら自宅で飲め!◆新型コロナは、特に変異株は感染力が強く、マスクを外して近距離で飲食したり話をしたりすれば、まずは自分が感染するし、感染に気付かないまま目の前の人たちや通りすがりの人々に移してしまう可能性大。そのリスクを冒してまで飲み食いに興じたいですか?。闘病生活や後遺症のことを考えたら、自分の未来だけでなく周りの人たちへの暴行・傷害・殺人未遂にもなりかねないんですよ!◆新規感染者が一日あたり全国で2万人を超えている今、その大半が20代~40代です―と連日報道されているのをまるっきり知らないなんて言わせません。新聞やニュース番組を無視するなんて社会人として失格です。それでもなお「自粛に疲れた」だの「少しくらいはいいだろ」だの自分だけの屁理屈を抜かすなら、無人島にでも行けば?。“同好の士”と好きなだけ騒いで飲み食いすればいいんです。◆この件で《自己責任》という表現を使いたくはありません。社会全体が認識を共有して対策にあたるべきで、まずは感染のへいざ

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る